×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク



最近 フットワークアワーの岩尾の髪の毛フサフサしてきてないですか?岩尾も使っているスカルプdです

スポンサード リンク



一流大学の医学博士などが研究に関わった育毛剤
いまなら送料無料です。

髪の毛が抜ける悩み

シャンプーの時、髪の毛がかなり抜ける・・・シャンプーの時に抜ける髪の毛の量にびっくりしたことはないですか?髪の毛は毛周期というものがあって、成長する時期、成長を休む時期、抜け落ちる時期というヘアサイクルがあります。髪の毛の抜ける量は個人差や気候により違いはありますが、抜ける量が多いからっといって脱毛症だとは限りません。抜け毛やハゲ防止のためには普段からの生活習慣を整える必要があります。毛細血管を縮めると血行が悪くなり健康な髪が生えません。タバコは百害あって一利なしと髪の毛にも体にもよくありません。タバコは控えて、深酒はしない。栄養のバランスの取れた食事をして、十分な睡眠を取り、規則正しく生活をすることです。抜け毛は血行不良や頭皮のコリから起こります。毎日のシャンプーの時に、頭皮のマッサージを行い シャンプーやコンディショナーなどが頭皮に残らないように洗い流し、清潔に保つことが抜け毛防止やハゲ防止に役立ちます。

スポンサード リンク

パーマやヘアカラーのよる頭皮への影響

おしゃれにはパーマやヘアカラーは欠かせませんね。カラーの頭皮にかかる影響はまったくないとは言えません。ブリーチなどの強い刺激のあるものは頭皮に負担がかかりますね。皮膚の弱い人やアレルギー体質の人はかぶれることがあるので必ず取り掛かるまえにテストをやってみたり美容師さんに相談してください。近頃の薬剤は研究が進んでいて進化していますので、それほど心配することはないようです。縮毛矯正は根元から1cmくらい離れたのところに薬剤をかけるので パーマやカラーよりも負担が少ないですよ。帽子のかぶりっぱなしは湿気や汚れで雑菌の繁殖にもってこいの環境なので毎日かぶることは注意が必要です。ドレッドヘアはシャンプーがしにくいので十分に頭皮を洗えないのが、問題です。中途半端なシャンプーは頭皮に悪い影響を与えます。

正しいシャンプーのやり方

正しく、効果的なシャンプーはシャンプーの前にブラッシングをしておくと汚れが落ちやすく、毛髪が絡むのを防いでくれます。シャンプーの前にお湯で十分に髪をすすいでおくとこが大切です。はじめのすすぎで大体の汚れは落とすことは出来ます。シャンプーの泡立ちもよくなり使う量も少しで経済的にもよいです。洗うときはつめを立ててガシャガシャ洗うのではなく、指のはらで洗いましょう。つめを立てて洗うと 頭皮を傷つけてしまって 炎症をおこしバイキンが繁殖します。シャンプーの後は十分なすすぎがたいせつです。面倒くさくてもきちんとやることで、抜け毛やハゲることから 遠ざかることが出来るんですよ^^;シャンプーの後はドライヤーを当てすぎるのは 熱による毛髪への影響がありますが、濡れた髪の毛はキューティクルが開いたままになっているので ドライヤーを使ってキューティクルを引き締めてあげる必要があります。毛並みに逆らわず髪の近くで高温の熱をあてたりせずに頭皮を乾かす感覚で乾かしましょう。濡れたままの髪でベッドなどに入ると・・・半渇きの状態が一番バイキンが繁殖しやすい環境うえに枕との摩擦で髪の毛を痛めてしまいます。

Copyright © 2008 髪の毛の悩み解消しましょう♪